田中先生の安全教室 -絵で見て学ぶ安全教育-

本書は、第1章は安全教育のエビデンスについて述べており、第2章は53の場面を左右両方に描いておりどちらかが危険リスクのたかい絵になっています。
この本により少しでも事故が減り、子どもたちが痛い思いをせずに、かかわった先生が事故の責任について悩むことが減れば幸いである(著者序文より)

定価:(本体2,800円+税)
判型:A4/ページ数:155/ISBN:978-4-88924-182-2/発行日:2008年7月10日/初版






目 次
第1章 安全教育
 1.保育と安全
 2.子どもへの事故対策
 3.安全教育と開始年令
 4.事故防止啓発と安全教育
 5.幼児用安全教育プログラム
 6.安全教育の効果
第2章 安全教育の実践
 この本の使い方
  1)エスカレーターに乗るとき(Ⅰ)
  2)エスカレーターに乗るとき(Ⅱ)
  3)道路を渡るとき
  4)横断歩道を渡るとき
  5)車に乗るとき
  6)道をあるくとき
  7)ボールが道路に出たとき
  8)周囲に小さな子どもが遊んでいるとき
  9)自転車に乗るとき
  10)お父さんお母さんがけがをしたとき
  11)花火をするとき(Ⅰ)
  12)花火をするとき(Ⅱ)
  13)パジャマに火がついたとき
  14)火遊び
  15)お風呂に入るとき
  16)ベランダで遊ぶとき
  17)高い所へ登る
  18)塀の上をあるく
  19)遊び(Ⅰ)
  20)遊び(Ⅱ)
  21)遊び(Ⅲ)
  22)肩つりバッグ
  23)(雲梯)遊び
  24)お散歩(Ⅰ)
  25)お散歩(Ⅱ)
  26)はさみを使うとき
  27)火事のとき
  28)車の前後の横断
  29)バスに乗ったとき
  30)お散歩
  31)避難路
  32)廊下を歩くとき
  33)野良犬
  34)おやつを食べるとき
  35)プールでの水遊び
  36)ボート遊び
  37)川で水遊びをするとき
  38)すべり台で遊ぶとき(Ⅰ)
  39)すべり台で遊ぶとき(Ⅱ)
  40)すべり台で遊ぶとき(Ⅲ)
  41)野球遊びをするとき
  42)砂場で遊ぶとき
  43)ジャングルジムで遊ぶとき
  44)縄跳び遊び
  45)ブランコ遊び(Ⅰ)
  46)ブランコの側で遊ぶとき(Ⅱ)
  47)いすに座るとき
  48)ドアで遊ぶとき
  49)すべりやすい床を歩くとき
  50)どんぐりおはじきで遊ぶとき
  51)三輪車で遊ぶとき
  52)電車に乗っているとき
  53)電車を待っているとき
  54)熱いものはどれかな
  55) 危ないものはどれかな
著者一覧(50音順)
著 者:田中 哲郎
    (長野県立こども病院副院長)