保育保健2016

「最新保育保健の基礎知識」は第8販を重ね、今般「保育保健2016」に大改訂されました。
初版時からの構成を活かしながら、全面的に更新を行い、内容も充実しコンパクトに利用しやすくなっています。
実際に勤務されている保育者のみならず、保育者を目指す学生にもご活用頂けます。

定価:(本体2,000円+税)
判型:B5/ページ数:178/ISBN:978-4-88924-246-1/発行日:2016年5月20日/初版






目 次
 Ⅰ.保育保健とは
 Ⅱ.保育保健を導くもの~保育所保育指針~
第1章 成長と発達
Ⅰ.主な機能の発達
Ⅱ.成長
Ⅲ.発達の指標
第2章 生活と保健
食事
Ⅰ.母乳
Ⅱ.人工乳
Ⅲ.離乳食
Ⅳ.幼児食
Ⅴ.多様な保育と食事
Ⅵ.食育
Ⅶ.問題行動とその対応
排 泄
Ⅰ.排泄
Ⅱ.排泄後の処理
睡眠
Ⅰ.年齢と睡眠時間
Ⅱ.睡眠と着衣,寝具,姿勢,室温など
衣服
Ⅰ.衣服
Ⅱ.帽子
Ⅲ.靴
遊び
Ⅰ.遊びがもたらす発達
Ⅱ.おもちゃ・遊具の安全
Ⅲ.室内遊び
Ⅳ.水遊び(プール)の衛生と安全
Ⅴ.園外保育(散歩・遠足)
環境衛生
Ⅰ.保育室の環境
Ⅱ.騒音
Ⅲ.乳幼児の紫外線対策
Ⅳ.衛生教育
Ⅶ.気になる行動・症状
第3章 保育生活と健康管理
Ⅰ.登園時の健康チェック
Ⅱ.健康診断
Ⅲ.保育所における健康管理
第4章 保育生活でよく見る症状・病気
Ⅰ.よく見る症状とその対応
Ⅱ.よく見る病気・外傷とその対応
第5章 保育生活において特に留意する病気
 Ⅰ.感染症
 Ⅱ.アレルギー性疾患
 Ⅲ.腎・心疾患
 Ⅳ.発達障害
 Ⅴ.精神遅滞
 Ⅵ.その他の病気・慢性疾患・障がい
 Ⅶ.口の病気
第6章 入園前に接種を勧めたい予防接種
 予防接種の意義・目的
第7章 事故と安全
 Ⅰ.保育生活と事故
 Ⅱ.事故予防
 Ⅲ.安全事故
第8章 保育保健を支える家族・地域
 Ⅰ.家族との連携
 Ⅱ.地域の支援体制
資料
著者一覧(50音順)
監 修:遠藤 郁夫
編 集:日本保育保健協議会
著 者:内海 裕美
    (小児科医/吉村小児科)
    遠藤 郁夫
    (小児科医/浜町小児科医院)
    太田 百合子
    (栄養士/東洋大学ライフデザイン学部非常勤講師)
    岡 明
    (小児科医/東京大学医学部小児科)
    菊地 政幸
    (園長/社会福祉法人東京児童協会)
    田中 英一
    (小児歯科/田中歯科クリニック)
    並木 由美江
    (看護師/全国保育園保健師看護師連絡会会長)
    藤城 富美子
    (看護師/全国保育園保健師看護師連絡会理事)
    和田 紀之
    (小児科医/和田小児科医院)