子どもの歯・口・食の問題をめぐる育児支援ガイド

本書は小児歯科・心理・栄養の専門家が協働編集。乳幼児の健診や保健、保育、教育の現場で親子に関わるチャイルドヘルスワーカーに参考となる子育て支援の手引書となっています。育児支援に役立つ歯・口・食に関するQ&A、100項をわかりやすく取りまとめています。

定価:(本体2,000円+税)
判型:B5/ページ数:84/ISBN:978-4-88924-253-9/発行日:2017年4月5日/初版






目 次
第 1 章 育児支援に役立つ乳幼児の情報
 Ⅰ乳幼児の成長・発達の評価について
 Ⅱ乳幼児の栄養について
 Ⅲ乳幼児期の歯・口腔の発育と食べる機能の発達について
 Ⅳ乳幼児期の食の発達と心の発達について
第 2 章 育児支援に役立つQ&A:歯・口・食 編
 Ⅰ発育段階とともに発生するQ&A
  1.授乳・離乳期(0~1歳6か月まで)
  2.幼児期前半(1歳6か月~3歳まで)
  3.幼児期後半(3歳~6歳まで)
 Ⅱ成長・発達に関連して発生するQ&A
  1.子どもの歯・口・歯列について
  2.むし歯とむし歯予防について
  3.歯みがきについて
  4.口唇・歯肉・舌・口腔粘膜
  5.栄養について
  6.食物アレルギーについて
  7.嚥下機能に関連して
  8.呼吸機能に関連して
  9.歯・口の習癖に関連して
著者一覧(50音順)
編 集:小児科と小児歯科の保健検討委員会