「小児科臨床」論文検索 出版書籍検索

書籍のご案内

新着情報
2017/04/11NEW

新刊書籍のお知らせ


人気シリーズ「ビジュアル予防接種マニュアル 改訂第3版」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。


2016/09/06

新刊書籍のお知らせ


田中哲郎著「保育士による安全保育」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。


2016/07/09

新刊書籍のお知らせ

米国小児科学会編集で第30版を迎えた「RED  BOOK 2015」の翻訳版「R‐BOOK 2015」が岡部信彦監修のもと発刊いたしました。30版を節目に原書執筆陣が大幅に入れ替わり内容も更新されました。書籍のご案内をご覧ください。



2016/05/20

新刊書籍のお知らせ

遠藤郁夫監修、一般社団法人日本保育保健協議会編集による「保育保健2016」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。



2016/01/21

新刊書籍のお知らせ

東京女子医科大学 大澤眞木子監修、鎌倉女子大学小國美也子 編著による教科書「子どもの保健Ⅰ・Ⅱ」を1月21日発刊いたしました。詳しくは書籍のご案内(教科書関連)をご覧ください。



2012/10/22
購読料改定のお知らせ
小児科臨床 第66巻第1号(平成25年1月号)より定価を改定いたします。 詳細はこちら
2010/12/16
出版のお勧め
お忙しくて原稿を書く時間もない先生方には、ライターによる取材、執筆も承ります。詳細はこちら
2010/12/16
症例募集のお知らせです。 疑問のまま過ぎた症例、迷われた症例、気になっている症例などをお持ちでしたらお聞かせください。 詳細はこちら
2010/12/15
ホームページをリニューアルしました。
月刊誌「小児科臨床」研究論文募集 月刊誌「小児科臨床」定期購読申込 会員専用ページ

書籍のご案内

教科書関連

日本小児医事出版の教科書をご覧ください。
ナースとコメディカルのための小児科学0930
NEW

ナースとコメディカルのための

小児科学  改訂第5版


医療現場の「知ってほしい小児科学の要点」を、この1冊に集約!

各科専門家医による子ども皮膚疾患、耳鼻咽喉疾患、眼疾患、整形外科的疾患、歯や口腔の疾患について解説。
★グループ化した疾患群について「病態生理」を
ベースとした解説の仕方で構成。より強化に項目を増。
★各種コメディカル職種を目指す大学生はもちろん、
小児専門看護師を目指す大学院生、小児医療に携わる看護師、保健師、助産師他の方々の参考書としても十分に対応できる内容。

序   文
目   次
著者一覧
頁 見 本



定価:(本体3,800円+税)


詳細はこちら
子どもの保健Ⅰ・Ⅱ
NEW
子どもの保健Ⅰ・Ⅱ


本書は、講義編と演習編を1冊にまとめたものとなっております。特に病気については詳しく記述されており、また最近増加していると思われる発達障害(予備軍を含む)の子ども達との具体的な対応方法も述べられいるので、保育者、養護教諭を目指す方、看護師や保健師の方々など、子どもを取り巻く皆さまのお役にたつテキストとなっております。

序   文
著者一覧
目   次
頁 見 本


定価:(本体2,500円+税)


詳細はこちら

子ども学総論
NEW
子ども学総論-子どもに生きる・子どもと創る !-

子どもの身体、精神、情動を健やかに育てるためには、社会の支援が必要です。そこに関わる保育者が専門家としての役割を果たすことが、子どもの無限の可能性を引きだすことになります。本書は、幼稚園教諭、保育士、保育教諭としてこれから社会に巣立つ皆さまのためのテキストです。

序   文
目   次
頁 見 本
著者一覧
おわりに


定価:(1800円+税)




詳細はこちら
新しい時代の子どもの保健
新しい時代の子どもの保健

「新世紀の小児保健」の編集陣により、内容を一新し「新しい時代の子どもの保健」として生まれ変わりました。最新の内容を分かりやすく盛り込んでおり、各章の冒頭にはこの章で学んで欲しいことが、簡潔にメッセージとしてまとめられ編集者の思いが伝わります。子どもの保健とは、子どもの時期だけに限るのではなく、ヒトのライフサイクル全体の中で位置づけ、子どもの健康が守られ元気で生活できるための様々な環境のありかたを解明し、そして実践することにあるとしています。そこを学びとって頂きたい教科書です。

序   文
目   次
頁 見 本
編 集 者
著者一覧


定価:(本体2,300円+税)




詳細はこちら

book2-04
実践保育学

「実習保育学」の精神を伝承しつつ「実践保育学」として、実習生のみならず、保育園・幼稚園で保育に携わっておられる保育士や幼稚園教諭の保育実践書として改編させていただきました。

序   文
目   次
学生からの質問
頁 見 本


定価:(本体2,800円+税)






詳細はこちら
20110222123723786_0001

子どもの保健と支援  改訂第3版


小児保健が子どもの保健に変身

  これからの保育所や幼稚園で、あるいは乳幼児を看護する立場で、育児を支援して下さる人材の教育・養成のお役に立ちたいと考え、本書を企画いたしました。本書は、子どもの保健の専門家と、教職にある私の仲間の方々に、専門分野を担当して貰いました。保育所保育指針や幼稚園教育要領が求めている内容に加え、それぞれの立場での子どもの保健と支援の思いがこめられていると存じます。同じ思いをお持ちの教育現場の先生方に利用して頂ければ幸いです。(平山 宗宏) 

定価:(本体:2,500円+税)


詳細はこちら

DY0001
最新保育保健の基礎知識―第8版改訂―

第8版が発売となりました。

集団保育での予防接種と感染症・アレルギー・事故と安全を重く受け止め、より適切な保育保健を目指して、改訂いたしました。

巷野悟郎監修 日本保育園保健協議会編集 


序   文
保育保健の要点
目   次
頁 見 本
監修/執筆者/情報提供者


定価:(本体2,800円+税)


詳細はこちら
20130411114356491_0001
最新 子ども保健


『子ども』と触れ合うすべての人、子どもにかかわり、子育てを支援する専門家を目指す人達に必要な知識・最新の情報を含めまとめた1冊です。

「子ども達に笑顔を、親に微笑を」を心掛けて…。


序   文
著者一覧
目   次
頁 見 本


定価:(本体2,500円+税)




詳細はこちら

20130418173259864_0002

子育て支援のための

子ども保健学


子育てには地域コミュニティー社会の力、「子育ての社会化」が不可欠である。という視点から、子どもの健やかな成育のために、次の時代の子育て支援を実践して行こうとする専門職の方々のお役に立つような1冊です。

子どもを守るための新しい育児体系を、世代から世代へと伝えて行きたい!


序   文
目   次
著者一覧
頁 見 本


定価:(本体2,300円+税)


詳細はこちら
book2-35
テキスト 子どもの病気

小児科医が大学・短期大学・専門学校で「小児科学」を講義するのに最適な教材です。
総論では 1.小児科学とは  2.子どもの病気の考え方  3.よくある症状の考え方とその対策
各論では 小児分野の疾患の考え方をわかりやすく解説。
疾病ごとに看護の要点がまとめられているので、日常の指導にも役立ちます。
イラスト・図表・写真を多用し、理解を深められる構成になっています。


推薦のことば
序   文
目   次
頁 見 本


定価:(本体2,500円+税)




詳細はこちら

book2-34
新 小児精神神経学

気になる子どもを理解し支援するために、小児科外来での経験を基に小児精神神経学を平易に解説。 教職・保育現場で役立つ。 


定価:(本体2,000円+税)


詳細はこちら
book2-16
子どもの保健

保育士や教員、その他子どもに関わる人々を対象に編集した学習書。


定価:(本体2,500円+税)


詳細はこちら

book2-14
健康・保健の科学

健康と保健を深く理解したいと願うのは、長寿社会を実りあるものにしたい人々の共通の思いです。次代を担う若い人々の育成に携わる方々の参考書・教科書として


定価:(本体2,600円+税)


詳細はこちら
book2-02
実習育児学

写真と図解を中心とした育児と看護の決定版


定価:(本体2,700円+税)


詳細はこちら


日本小児医事出版社:ページの先頭へ戻る