ビジュアル予防接種マニュアル(DVD付)

改定第2版から3年半が経過して、改定第3版の出版の運びとなりました。
2016年、接種対象が乳児で接種経路が筋肉注射のみのワクチンが製造承認されたのを機に付録DVDに乳幼児への「筋肉内注射」の手技を新たに収録。これから予防接種業務に従事する方、すでに従事されている方のための書籍になります。

定価:(本体3,000円+税)
版型:B5/ページ数:115/ISBN:978-4-88924-251-5/発行日:2017年3月30日/第3版






目 次
予防接種の歴史と現状
第Ⅰ章 予防接種の実際
 1.ワクチンの準備
 2.予診・問診・診察
 3.ワクチンの接種 注射
 4.ワクチンの接種 スタンプ法
 5.ワクチンの接種 経口法
 6.予防接種の間違い防止
 7.緊急事態に対する準備
第Ⅱ章 VPDとワクチン
 1.B型肝炎
 2.ロタウイルス感染症
 3.ヒブ感染症
 4.肺炎球菌感染症
 5.ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ
 6.結核
 7.麻疹
 8.風疹
 9.おたふくかぜ
 10.水痘
 11.日本脳炎
 12.インフルエンザ
 13.HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症
 14.海外渡航で必要となるワクチン
第Ⅲ章 予防接種のスケジュール
 1.予防接種スケジュール
 2.スケジュールから外れたときの接種法
 3.緊急接種
 4.特殊な状況下での予防接種
第Ⅳ章 接種後の副反応と健康被害救済制度
 1.予防接種副反応とは
 2.健康被害救済制度
 3.予防接種の間違いが起きてしまったら
 4.予防接種におけるトラブルへの対応

DVDのもくじ
 1.ワクチンの注文
 2.ワクチンの保管
 3.予約 
 4.ワクチンの準備
 5.シリンジと注射針
 6.予診票の記入とチェック
   母子健康手帳のチェック
 7.接種前の診察
 8.ワクチンの接種
 9.シリンジの廃棄
 10.母子健康手帳への記入
 11.HPVワクチンの接種
 12.ロタウイルスワクチンの接種
 13.BCG接種の手順
 14.接種後の待機と緊急時の対応
 15.ワクチンスケジュールをたてる
著者一覧(50音順)
監  修:及川 馨
     (日本小児科医会常任理事・公衆衛生担当)
責任編集:中山 義雄
     片岡 正
     (日本小児科医会公衆衛生委員会)