「小児科臨床」論文検索 出版書籍検索

書籍のご案内

新着情報
2017/06/08



お詫び


平成29年4月発刊いたしました「認定こども園 子育てワークショップシナリオ集(実演DVD付)」誤字がございましたのでお詫びさせて頂きます。

なお、6月3日までにご購入いただきました方には無償で交換させていただきますので、弊社にご返送くださいますようお願い致します。



〒160‐8306

東京都新宿区西新宿5‐25‐11 2階

㈱日本小児医事出版社 

TEL:03‐5388‐5195




2017/04/11

新刊書籍のお知らせ


人気シリーズ「ビジュアル予防接種マニュアル 改訂第3版」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。


2016/09/06

新刊書籍のお知らせ


田中哲郎著「保育士による安全保育」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。


2016/07/09

新刊書籍のお知らせ

米国小児科学会編集で第30版を迎えた「RED  BOOK 2015」の翻訳版「R‐BOOK 2015」が岡部信彦監修のもと発刊いたしました。30版を節目に原書執筆陣が大幅に入れ替わり内容も更新されました。書籍のご案内をご覧ください。



2016/05/20

新刊書籍のお知らせ

遠藤郁夫監修、一般社団法人日本保育保健協議会編集による「保育保健2016」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。



2016/01/21

新刊書籍のお知らせ

東京女子医科大学 大澤眞木子監修、鎌倉女子大学小國美也子 編著による教科書「子どもの保健Ⅰ・Ⅱ」を1月21日発刊いたしました。詳しくは書籍のご案内(教科書関連)をご覧ください。



2012/10/22
購読料改定のお知らせ
小児科臨床 第66巻第1号(平成25年1月号)より定価を改定いたします。 詳細はこちら
2010/12/16
出版のお勧め
お忙しくて原稿を書く時間もない先生方には、ライターによる取材、執筆も承ります。詳細はこちら
2010/12/16
症例募集のお知らせです。 疑問のまま過ぎた症例、迷われた症例、気になっている症例などをお持ちでしたらお聞かせください。 詳細はこちら
2010/12/15
ホームページをリニューアルしました。
月刊誌「小児科臨床」研究論文募集 月刊誌「小児科臨床」定期購読申込 会員専用ページ

書籍のご案内

20111108140646562_0002

子育て支援ハンドブック

乳幼児健診から子育て全般まで
幅広い内容を多数の専門家が執筆!

・本書は、子育て支援を指向した健診ハンドブックとして誕生致しました。
・執筆者は、
その道のベテラン揃いで構成され、まさに小児科医の創意書といえる内容となっています。
・本書は、乳幼児健診:総論、健診のポイント、子育て支援とは、さまざまな保護者への対応、子育てとその周辺、発達の評価など13編132項目と広範囲に網羅した使いやすい構成です。

著者一覧
序   文
目   次
頁 見 本
あとがき

定価:(本体5,000円+税)

この本を購入する

掲載内容


目 次

編集・著者一覧
序文:本書の目的と意義(まえがき)
1乳幼児健診―総論
1.乳幼児健診の目的 
2.乳幼児健診の意義 
3.健診場所と時間の設定 
4.第一印象を良くする
5.インタビューの基本
6.母子健康手帳とその活用
7.乳幼児健診を充実させる小道具
8.個別健診と集団健診の問題
9.乳幼児健診の精度管理


2健診のポイント
1.健診をスムーズに行うために
2.ペリネイタルビジット
3.出産準備教育(両親学級・母親学級)
4.新生児マス・スクリーニング
5.新生児聴覚スクリーニング
6.1か月健診
7.3~4か月健診
8.6~7か月健診
9.9~10か月健診
10.12か月健診
11.1歳6か月健診
12.2歳児健診
13.3歳児健診
14.視覚検診
15.聴覚検診
16.検尿と腎エコー
17.5歳児健診
18.就学時健診


3子育て支援とは
1.子育て支援とは
2.子どもの権利・倫理について
3.母子相互作用
4.社会観の多様性と子育ての多様性
5.困ったときにどこに相談するか
6.かかりつけ医の選び方と役割
7.医療・保健・福祉の連携
8.育児サークル・子育てスポット
9.インターネット・携帯電話の利用


4さまざまな保護者への対応
1.働いている母親
2.孤立している母親
3.不安に思う母親への対応
4.産後の不安とうつ
5.父親と育児
6.ひとり親家庭
7.外国人への対応
8.多胎育児の支援
9.社会格差と健康格差
10.要支援家庭の発見と支援
11.飲酒・喫煙
12.性感染と母子感染
13.薬物乱用


5子育てとその周辺
1.睡眠の問題(夜泣き、早起き早寝)
2.チック
3.指しゃぶり・爪かみ
4.自慰
5.排泄の問題をめぐって
6.おもちゃ・育児グッズ
7.こもりうた・手遊び歌
8.ブックスタート・絵本の読み聞かせ
9.愛着形成支援
10.メディア曝露  メディア漬け
11.公園デビュー
12.ペットの飼育と子どもの育ち
13.日光浴と紫外線
14.乳幼児突然死症候群
15.ベビースイミングの世界へようこそ
16.赤ちゃん体操
17.里親制度と乳児院
18.その他の児童福祉施設


6発達の評価
1.身体発育の評価
2.体重増加不良
3.低身長
4.運動発達の評価
5.運動発達の遅れと間違いやすい正常発達のバリエーション
6.精神発達の評価
7.精神発達の遅れと間違いやすい正常発達のバリエーション
8.境界児を診たときの対応
9.社会性の発達の評価
10.発達検査の種類と特性
11.発達の問題をいつ誰に相談するか
12.視力の障害
13.聴覚の障害
14.保護者への対応・援助の基本


7栄養とその評価・よくある問題点
1.日本人の食事摂取基準2010年版の基本と活用
2.「授乳・離乳の支援ガイド」の概要
3.乳児期前半の栄養(乳汁栄養)
4.乳児期後半の栄養(離乳食の進め方)
5.卒乳
6.幼児期の栄養
7.食育の取り組み
8.ミルク嫌い
9.偏食・少食
10.肥満とやせ
11.食物アレルギー


8歯科保健
1.口腔機能の発達
2.口唇裂・口蓋裂の一般的知識
3.歯の異常
4.う蝕予防とフッ化物塗布
5.歯磨き
6.1歳6か月児健診での歯科チェックのポイント
7.3歳児健診での歯科チェックのポイント
8.6歳臼歯の問題
9.よくある口腔内の心配ごと


9保育園・幼稚園
1.入所・定期健康診断
2.嘱託医の関わり方
3.幼稚園・保育園の選び方
4.感染症
5.アレルギー
6.病児・病後児保育


10予防接種
1.予防接種の際に気をつけること
2.保護者への説明
3.定期予防接種
4.任意予防接種
5.予防接種スケジュール
6.予防接種被害への対応


11児童虐待とその周辺
1.乳幼児の児童虐待の現状
2.児童虐待を疑う
3.児童虐待を発見したら
4.乳幼児揺さぶられ症候群
5.代理ミュンヒハウゼン症候群
6.DVへの対応


12傷害(事故)予防
1.対応の原則
2.家庭でのチェックポイント
3.保育所・幼稚園でのチェックポイント
4.誤飲・中毒
5.自動車、自転車に乗せる時の注意
6.子どもを公園で安全に遊ばせる


13障害を抱えた子どもたちとその周辺
1.母親・家族を支えるということ
2.インフォームド・コンセント
3.ソーシャルサポート
4.身体障害の早期発見のポイントと対応
5.知的障害の早期発見のポイントと対応
6.発達障害の早期発見のポイントと対応
7.自閉症療育をめぐって
8.高機能自閉症とADHD
9.中途障害とその対応
10.きょうだいに障害を抱えた子がいる

あとがき
索 引


ISBN978-4-88924-215-7
2011年11月3日 初版発行
B5版 622頁



日本小児医事出版社:ページの先頭へ戻る