第68巻 第11号 (普通号)

[ミニ特集] 熱性けいれんの診療
―新ガイドラインでどう変わったか―

定価:(本体2,600円+税)
判型:B5/ページ数:167/発行日:2015年11月発行






掲載内容
[画像診断]
 ■今月の症例
 
[ミニ特集]
 ■熱性けいれんの診療 ―新ガイドラインでどう変わったか―
 1.熱性けいれん診療ガイドライン2015について
 2.有熱時発作を認め救急受診した場合の初期・救急対応
 3.脳波検査
 4.発熱時のジアゼパム予防投与
 5.解熱薬と注意すべき薬剤
 6.熱性けいれんを既往にもつ小児に対する予防接種
   ―最近の考え方―
 
[リレー随想]
 ■研究なんてやめておきなさい
 
[臨床研究・症例報告]
感染症
 ■皮膚リンパ筋ノカルジア症の1例
 ■急性巣状性細菌性腎炎12例のまとめと考察
 ■ロタウイルス腸炎後に腎後性急性腎障害を発症した1例
 ■蝶形骨洞炎を伴うmethicillin susceptible Staphylococcus 
  aureus敗血症を呈した14歳男児例
 ■健康小児に発症したClostridium difficile関連腸炎の4例
免疫・アレルギー
 ■気管支喘息患児におけるコントロール評価相互間の妥当性
  ―喘息コントロール評価間の妥当性―
 ■湯葉によるアナフィラキシーが疑われ,コンポーネント解析を
  行った7歳3カ月女児例
 ■紅斑と無菌性髄膜炎を反復したSjogren症候群の
  5歳女児例
 ■抗IgE抗体療法が著効した気管支喘息児の1例
神経
 ■注意欠如・多動性障害における脳波異常と
  薬物治療の検討
 ■ミオクローヌスてんかんを認めたIgA血管炎の女子例
 ■血漿交換療法が奏効した抗NMDA型GluR抗体陽性
  脳炎の1例

 ■半月体形成を伴う重症IgA腎症にカクテル療法に加え
  ステロイドパルス療法を併用した1例
事故
 ■歯ブラシ刺傷による下咽頭穿孔により深頸部・縦隔気腫を
  来した1例
救急
 ■キラキラネームとER受診時間の関係
 
[Journal Club-抄読会(第51回)]
 
[感染症―今月の話題]
 ■これからのムンプスの流行と合併症増加の危惧
 
[ベビーケアレポート]  
 ■小児の口腔の事故

石井仁也 他



夏目 淳
田邉卓也
吉永治美
金村英秋
久保田雅也

伊予田邦昭


松原洋一



太田英仁 他
河上千尋 他
川村順平 他

渡部 達 他
木村将裕 他


磯崎 淳 他

渡部 達

加納友環 他
橋本 絢 他


久保田一生 他
栗林良多 他

内山弘基 他


中島由翔 他


土谷修一 他

松浦祐史 他

真部 淳


寺田喜平


宮沢裕夫

1977



1983
1987
1993
2001
2007

2013


2020



2027
2033
2041

2047
2055


2061

2066

2070
2077


2083
2089

2095


2101


2107

2113

2118


2125


2131

(001)



(007)
(011)
(017)
(025)
(031)

(037)


(044)



(051)
(057)
(065)

(071)
(079)


(085)

(090)

(094)
(101)


(107)
(113)

(119)


(125)


(131)

(137)

(142)


(149)


(155)