第68巻 第12号(特集号)

[特 集] 小児感染症2015
―小児感染症のマネージメント―

定価:(本体6,200円+税)
判型:B5/ページ数:343/発行日:2015年12月発行






掲載内容
[序]
 
[Ⅰ.総論]
 1.小児感染症をどう診るか?
   ―小児感染症の特殊性から考える―
 2.細菌感染症の治療(抗菌薬の使い方)
 3.小児における抗ウイルス療法の考え方と投与方法
 4.真菌感染症の治療(抗真菌薬の使い方)
 5.小児感染症における抗菌薬適正使用
6.微生物検査をどう活用するか
―外来診療で遭遇する感染症と微生物検査―
 7.急性感染症のイムノクロマト法キットによる迅速診断
 8.医療機関における院内感染対策
 
[Ⅱ.小児感染症のマネージメント]
 1.咽頭炎・喉頭炎
 2.小児市中肺炎
 3.小児急性中耳炎
 4.細菌性髄膜炎
 5.菌血症・敗血症
 6.インフルエンザ
 7.RSウイルス感染症
 8.マイコプラズマ肺炎
   ―“耐性率は変動する”ことを前提に―
 9.尿路感染症
   ―診断と治療の10のポイント―
10.結核
11.深在性真菌感染症
12.先天性サイトメガロウイルス感染症
13.EBウイルス感染症
14.小児の皮膚軟部組織感染症
15.ディフィシル菌感染症(CDI)
16.胆道感染症
17.感染性心内膜炎
18.溶連菌感染症
 
[Ⅲ.小児で注意すべき耐性菌]
 1.ペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)
   ―乳幼児へのPCV7導入に伴う肺炎球菌の変化―
 2.β-ラクタマーゼ非産生アンピシリン耐性(BLNAR)
   インフルエンザ菌
 3.マクロライド耐性肺炎マイコプラズマ
 4.メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)
 5.臨床現場で警戒すべき多剤耐性グラム陰性桿菌
 
[Ⅳ.ワクチンUpdate]
 1.A型肝炎ワクチン
 2.B型肝炎ワクチン
   ―定期接種化に向けて―
 3.Hibワクチン・肺炎球菌ワクチン
 4.4種混合(DTP-IPV)ワクチン
 5.髄膜炎菌ワクチン
 6.水痘ワクチン
   ―定期接種化の効果と今後の方向性―
 7.MR(麻疹・風疹)ワクチン
   ―古くて新しいupdate―
 8.ロタウイルスワクチン
 
[Ⅴ.トピックス]
 1.小児の新興感染症
   ―新生児,早期乳児におけるヒトパレコウイルス3型
     感染症を中心に―
 2.母子感染の予防と治療
 3.新規保険収載迅速診断法
  1) ノロウイルス抗原迅速定性検査 
    ―その長所と短所―
2)迅速ヒトメタニューモウイルス診断キット
―呼吸器感染症でどのように使用するか?―
4.免疫不全状態にある患者に対する予防接種
 
[巻末資料:小児・新生児に用法・用量のある抗菌薬・
 抗ウイルス薬・抗真菌薬一覧表]
岩田 敏



岩田 敏
佐藤吉壮
佐藤晶論 他
田代将人 他
尾内一信

岡田隆文 他
原三千丸
大久保憲


坂田 宏
石和田稔彦
鈴木賢二
大石智洋
星野 直
新庄正宜
堤 裕幸 他

成田光生

松原啓太
宮川知士
森 雅亮
岩谷壮太 他
伊藤嘉規
渡辺晋一
神谷 茂
山岸由佳 他
奥井秀由起
山崎 勉



生方公子

角田梨沙子 他
諸角美由紀
高山陽子
荒川宜親


中野貴司

乾あやの 他
西順一郎
岡田賢司
福島慎二 他

吉川哲史

清益功浩
浅田和豊




齋藤昭彦
森内浩幸


田中智之

菊田英明
宮入 烈
2409



2411
2417
2425
2439
2445

2451
2457
2465


2471
2478
2485
2492
2497
2503
2509

2515

2523
2529
2535
2542
2547
2555
2561
2569
2574
2581



2591

2597
2605
2610
2617


2625

2631
2637
2643
2650

2655

2665
2671




2679
2687


2697

2705
2711


2719
(001)



(003)
(009)
(017)
(031)
(037)

(043)
(049)
(057)


(063)
(070)
(077)
(084)
(089)
(095)
(101)

(107)

(115)
(121)
(127)
(134)
(139)
(147)
(153)
(161)
(166)
(173)



(183)

(189)
(197)
(202)
(209)


(217)

(223)
(229)
(235)
(242)

(247)

(257)
(263)




(271)
(279)


(289)

(297)
(303)


(311)