「小児科臨床」論文検索 出版書籍検索 新着情報
2017/04/11NEW

新刊書籍のお知らせ


人気シリーズ「ビジュアル予防接種マニュアル 改訂第3版」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。


2016/09/06

新刊書籍のお知らせ


田中哲郎著「保育士による安全保育」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。


2016/07/09

新刊書籍のお知らせ

米国小児科学会編集で第30版を迎えた「RED  BOOK 2015」の翻訳版「R‐BOOK 2015」が岡部信彦監修のもと発刊いたしました。30版を節目に原書執筆陣が大幅に入れ替わり内容も更新されました。書籍のご案内をご覧ください。



2016/05/20

新刊書籍のお知らせ

遠藤郁夫監修、一般社団法人日本保育保健協議会編集による「保育保健2016」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。



2016/01/21

新刊書籍のお知らせ

東京女子医科大学 大澤眞木子監修、鎌倉女子大学小國美也子 編著による教科書「子どもの保健Ⅰ・Ⅱ」を1月21日発刊いたしました。詳しくは書籍のご案内(教科書関連)をご覧ください。



2012/10/22
購読料改定のお知らせ
小児科臨床 第66巻第1号(平成25年1月号)より定価を改定いたします。 詳細はこちら
2010/12/16
出版のお勧め
お忙しくて原稿を書く時間もない先生方には、ライターによる取材、執筆も承ります。詳細はこちら
2010/12/16
症例募集のお知らせです。 疑問のまま過ぎた症例、迷われた症例、気になっている症例などをお持ちでしたらお聞かせください。 詳細はこちら
2010/12/15
ホームページをリニューアルしました。
月刊誌「小児科臨床」研究論文募集 月刊誌「小児科臨床」定期購読申込 会員専用ページ

月刊誌「小児科臨床」

JP69-2

第69巻-第2号(2016年2月) 普通号
[主題]  感染症 

定価:(本体2,600円+税)

この本を購入する

掲載内容

[画像診断]   
 ■今月の症例 松原佳子 他0161(001)
  
[リレー随想] 
 ■研究指導~教えることができることとできないこと 呉 繁夫0166(006)
  
[主 題] 
感染症 
 ■A群溶血性レンサ球菌保菌者からの感染が原因と 
  考えられた化膿性多発関節炎の乳児例 黒田直生人 他0171(011)
 ■13価肺炎球菌結合型ワクチン4回接種後に 
     莢膜血清型24F(ST2572)肺炎球菌による 
     菌血症を発症した1例 森本佳子 他0175(015)
 ■肺炎マイコプラズマによる重症感染症の3例 宇田川美野子他0181(021)
 ■インフルエンザ患児急性期の血漿バソプレシン  
  濃度について 松永健司 0187(027)
 ■ウイルス性胃腸炎患児急性期の血漿バソプレシン 
  濃度について 松永健司 0193(033)
 ■松本市周辺における2014/15年期インフルエンザの 
  疫学的病因的観察 
  ―再びAH3亜型変異株に遭遇して― 松岡伊津夫 他 0201(041)
 ■RS細気管支炎へのβ2刺激薬/3%食塩水吸入には 
  3%食塩水に対して優越性があるとは言えない 田中政幸 他0209(049)
神経 
 ■発症早期のステロイドパルス療法が奏功した 
  急性横断性脊髄炎の5歳男児例 稗田美蓉太 他0215(055)
 ■インフルエンザワクチン接種後に発症した 
  抗NMDA型グルタミン酸受容体抗体陽性の 
  急性辺縁系脳炎の1例 池田 梓 他0223(063)
 ■気管支喘息吸入指導に応用行動分析学の手法が 
  有効だった自閉症スペクトラム障害を抱えた1例 続木康伸 他0231(071)
 ■頭部打撲で受診した2歳未満児の頭部CT検査の 
  実態についての検討 前山隆智 他0235(075)
循環器 
 ■バルサルバ洞瘤を合併したRAS/MAPK症候群と 
  思われる1男児例 中村利彦 他0239(079)
アレルギー 
 ■クルミによるアナフィラキシーを呈し,コンポーネント 
  解析を行った3歳7カ月女児例 渡部 達0243(083)
呼吸器 
 ■当センターにおける気管切開症例の検討 内田 晃 他0249(089)
新生児 
 ■前段階で介入することにより発症を回避したと 
  考えられる晩期循環不全の1早産児例 畠中大輔 他0257(097)
内分泌 
 ■肝障害,脂質異常を指摘され診断に至った 
  萎縮性甲状腺炎の1例 和氣英一 他0263(103)
先天異常 
 ■地域における支援体制の確立により在宅管理が 
  可能となった18トリソミーの1例 川島綾子 他0269(109)
  
[学会報告] 
 ■巻頭言:小児感染症専門医育成フォーラムについて 砂川慶介0275(115)
 ■WS-1 VURに予防投与は必要か?(Pros) 岡田隆文 他0276(116)
 ■WS-2 VURに予防投与は必要か?(Cons) 藤野元子 他0282(122)
 ■WS-3 小児細菌性腸炎を疑ったときに抗菌薬を 
       投与するか?(Pros) 神野俊介 他0287(127)
 ■WS-4 小児細菌性腸炎を疑ったときに抗菌薬を 
       投与するか?(Cons) 西田直徳 他0291(131)
 ■WS-5 耐性菌の院内感染対策としてアクティブ 
       サーベイランスは有用か?(Pros) 小川将人 他0295(135)
 ■WS-6 耐性菌の院内感染対策としてアクティブ 
       サーベイランスは有用か?(Cons) 森野紗衣子 他0301(141)
  
[Journal Club-抄読会(第53回)] 真部 淳 0307(147)
    

日本小児医事出版社:ページの先頭へ戻る