「小児科臨床」論文検索 出版書籍検索 新着情報
2017/06/08NEW



お詫び


平成29年4月発刊いたしました「認定こども園 子育てワークショップシナリオ集(実演DVD付)」誤字がございましたのでお詫びさせて頂きます。

なお、6月3日までにご購入いただきました方には無償で交換させていただきますので、弊社にご返送くださいますようお願い致します。



〒160‐8306

東京都新宿区西新宿5‐25‐11 2階

㈱日本小児医事出版社 

TEL:03‐5388‐5195




2017/04/11

新刊書籍のお知らせ


人気シリーズ「ビジュアル予防接種マニュアル 改訂第3版」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。


2016/09/06

新刊書籍のお知らせ


田中哲郎著「保育士による安全保育」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。


2016/07/09

新刊書籍のお知らせ

米国小児科学会編集で第30版を迎えた「RED  BOOK 2015」の翻訳版「R‐BOOK 2015」が岡部信彦監修のもと発刊いたしました。30版を節目に原書執筆陣が大幅に入れ替わり内容も更新されました。書籍のご案内をご覧ください。



2016/05/20

新刊書籍のお知らせ

遠藤郁夫監修、一般社団法人日本保育保健協議会編集による「保育保健2016」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。



2016/01/21

新刊書籍のお知らせ

東京女子医科大学 大澤眞木子監修、鎌倉女子大学小國美也子 編著による教科書「子どもの保健Ⅰ・Ⅱ」を1月21日発刊いたしました。詳しくは書籍のご案内(教科書関連)をご覧ください。



2012/10/22
購読料改定のお知らせ
小児科臨床 第66巻第1号(平成25年1月号)より定価を改定いたします。 詳細はこちら
2010/12/16
出版のお勧め
お忙しくて原稿を書く時間もない先生方には、ライターによる取材、執筆も承ります。詳細はこちら
2010/12/16
症例募集のお知らせです。 疑問のまま過ぎた症例、迷われた症例、気になっている症例などをお持ちでしたらお聞かせください。 詳細はこちら
2010/12/15
ホームページをリニューアルしました。
月刊誌「小児科臨床」研究論文募集 月刊誌「小児科臨床」定期購読申込 会員専用ページ

月刊誌「小児科臨床」

JP69-9

第69巻-第9号(2016年9月) 普通号
[主題]  感 染 症

定価:(本体2,600円+税)



この本を購入する

掲載内容

[画像診断]   
 ■今月の症例 畠山信逸 他1465(001)
  
[リレー随想]      
 ■信じることと疑うこと 奥村彰久1470(006)
  
[主 題] 感 染 症 
感染症 
 ■侵襲性肺炎球菌感染症を合併し発症した 
  重症ループス腎炎の幼児例 滝澤慶一 他1475(011)
 ■皮下膿瘍を契機に,硬膜下膿瘍・頭蓋骨穿孔を診断した 
  重症心身障害児の1例 灘 大志 他1481(017)
 ■紫斑を呈したパルボウイルスB19感染症の検討 菊地正広 他1487(023)
 ■ロタウイルスワクチン導入が胃腸炎関連けいれんに 
  与えた影響 太田貴子 他1495(031)
 ■当科の最近10年間の細菌性髄膜炎および菌血症の発生動向 
  と小児用肺炎球菌結合型ワクチンおよびインフルエンザ菌b型 
  ワクチン導入の効果の検討 西村 章 他1501(037)
 ■RSウイルス感染症による様々な呼吸障害に対する 
  ハイフローネーザルカニュラの有効性 寺田知正 他1507(043)
血液・腫瘍 
 ■全身に結節を認め診断に苦慮した未分化大細胞リンパ腫 井上博貴 他1513(049)
 ■血球貪食症候群が疑われたランゲルハンス細胞 
  組織球症の1例 梅沢洸太郎 他1519(055)
内分泌 
 ■バセドウ病の治療中に高クレアチニンキナーゼ血症を 
  来した2症例 松田 希 他1525(061)
 ■下垂体卒中様症状で発症したラトケ嚢胞の7歳女児例 伊藤敏恭 他1531(067)
消化器 
 ■重度門脈低形成にもかかわらずシャント血管 
  結紮術により肝移植を回避可能であった 
  先天性門脈体循環シャントの1例 林 貴大 他1537(073)
アレルギー 
 ■高度脱水と著明な炎症反応上昇を呈した 
  乳児消化管アレルギーの1例 白木杏奈 他1543(079)
免疫 
 ■急性胃腸炎後にループスアンチコアグランド 
  陽性低プロトロンビン血症を呈した1例 窪田祥平 他1550(086)
 
 ■当院から泌尿器科的疾患により他院へ紹介となった 
  症例の考察 鈴木 繁 他1557(093)
新生児 
 ■無呼吸発作を初発症状としエダラボンで治療した 
  新生児脳梗塞の2例 肥沼淳一 他1563(099)
精神 
 ■自由奔放傍若無人だったが良い子に成れた子36例 石川 丹1572(108)
  
[Journal Club-抄読会(第59回)] 真部 淳 1579(115)
  
[米国における小児科診療と卒後教育の現状: 
                  未来の日米小児医療の架け橋へ⑤] 
 ■患者・家族への心理社会的支援 
  ―チャイルド・ライフ・スペシャリストの役割― 野中敏子1587(123)
  
[講演紹介]      
 ■熱性けいれん診療ガイドライン2015をどう活かすか 浜野晋一郎 他1593(129)
    

日本小児医事出版社:ページの先頭へ戻る