「小児科臨床」論文検索 出版書籍検索 新着情報
2017/04/11NEW

新刊書籍のお知らせ


人気シリーズ「ビジュアル予防接種マニュアル 改訂第3版」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。


2016/09/06

新刊書籍のお知らせ


田中哲郎著「保育士による安全保育」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。


2016/07/09

新刊書籍のお知らせ

米国小児科学会編集で第30版を迎えた「RED  BOOK 2015」の翻訳版「R‐BOOK 2015」が岡部信彦監修のもと発刊いたしました。30版を節目に原書執筆陣が大幅に入れ替わり内容も更新されました。書籍のご案内をご覧ください。



2016/05/20

新刊書籍のお知らせ

遠藤郁夫監修、一般社団法人日本保育保健協議会編集による「保育保健2016」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。



2016/01/21

新刊書籍のお知らせ

東京女子医科大学 大澤眞木子監修、鎌倉女子大学小國美也子 編著による教科書「子どもの保健Ⅰ・Ⅱ」を1月21日発刊いたしました。詳しくは書籍のご案内(教科書関連)をご覧ください。



2012/10/22
購読料改定のお知らせ
小児科臨床 第66巻第1号(平成25年1月号)より定価を改定いたします。 詳細はこちら
2010/12/16
出版のお勧め
お忙しくて原稿を書く時間もない先生方には、ライターによる取材、執筆も承ります。詳細はこちら
2010/12/16
症例募集のお知らせです。 疑問のまま過ぎた症例、迷われた症例、気になっている症例などをお持ちでしたらお聞かせください。 詳細はこちら
2010/12/15
ホームページをリニューアルしました。
月刊誌「小児科臨床」研究論文募集 月刊誌「小児科臨床」定期購読申込 会員専用ページ

月刊誌「小児科臨床」

JP70-01

第70巻-第1号(2017年1月) 普通号
[ミニ特集]  知って得する小児内分泌代謝領域の話題

定価:(本体2,600円+税)


この本を購入する

掲載内容

[画像診断]   
 ■今月の症例 宮内隼弥 他0001(001)
                                                                                                                                           
[ミニ特集]                                    
 ■知って得する小児内分泌代謝領域の話題                                               
 序:そこには何もない。だが,考えた結果が状況をつくる 室谷浩二0005(005)
 1.甲状腺  
   ―「小児期発症バセドウ病診療のガイドライン2016」 
     改訂のポイント― 南谷幹史0007(007)
 2.副腎 
   ―MIRAGE症候群:先天性副腎低形成症の新病型― 鳴海覚志0013(013)
 3.下垂体機能低下症を診るうえでの臨床的問題点 
   ―新生児期から思春期・成人期移行まで― 水野晴夫0019(019)
 4.性が分化すること 鹿島田健一0025(025)
 5.子どもの肥満とそれを取り巻く環境を考える 
   ―子どもの肥満はなぜ生じるのか,今なぜ介入しな 
     ければならないのか― 田久保憲行0033(033)
 6.骨代謝  
   ―ビタミンD欠乏性くる病― 原田大輔 他0043(043)
 7.医療費助成制度 小山さとみ0051(051)
  
[臨床研究・症例報告]      
神経 
 ■軟口蓋麻痺が初発症状であった 
  Guillain-Barré症候群の1例 坂口陽子 他0057(057)
 ■知的障害児の乱用によるニトラゼパム中毒の診断に 
  発作時脳波が有用であった1例 松浦隆樹 他0063(063)
 ■異なる発症様式を呈したtwing like MCAの 
  小児の2症例  田尾克生 他0069(069)
 ■エトサクシミドによる多形性紅斑に対して施行された 
  ステロイド療法により寛解が維持されているlate onset 
  epileptic spasmsの1男児例 星野廣樹 他0075(075)
 ■日常診療下における小児期の注意欠如/多動性障害 
  (AD/HD)に対するアトモキセチンの安全性および 
  有効性評価 
  ―特定使用成績調査の最終解析結果― 山崎裕義 他0079(079)
感染症 
 ■外傷を契機に発症した急性汎発性発疹性膿疱症の 
  小児例 眞鍋正彦 他0093(093)
 ■当科におけるMycoplasma pneumoniae 
  抗原迅速検査陽性例の臨床的検討 植西智雄 他0101(101)
川崎病 
 ■本邦での川崎病に伴うGrisel症候群の特徴 野崎章仁 他0107(107)
循環器 
 ■筋性部心室中隔欠損は日本人でも多いのか?  
  ―単一産科医院出生新生児における心室中隔欠損 
    合併症例からの検討― 岡川浩人 他0113(113)
新生児 
 ■新生児早期からのステロイド全身投与が奏効した 
  Wilson-Mikity症候群の1例 田尾克生 他0119(119)
  
[寄稿]      
 ■小児科医と児童福祉 中村 敬0125(125)
  
[Journal Club-抄読会(第62回)] 真部 淳 0133(133)
  
[米国における小児科診療と卒後教育の現状: 
                  未来の日米小児医療の架け橋へ⑧] 
 ■米国での小児心理カウンセリングの現場から 
  ―渡米した子どもが直面する問題― 青木貴美0141(141)
    

日本小児医事出版社:ページの先頭へ戻る