「小児科臨床」論文検索 出版書籍検索 Twitter 新着情報
2018/01/19

【厚生労働省審議会・傍聴レポート】


「第1回厚生科学審議会疾病対策部会」

詳細はこちら
2018/02/06NEW
【送料のご負担について】
詳細はこちら
2018/01/19

【厚生労働省審議会・傍聴レポート】


今月より文部科学省などの行政情報や厚生科学審議会の傍聴報告等を掲載していきます。

詳細はこちら
2017/12/06

新刊書籍のお知らせ
 「最新子ども保健 改訂第2版」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。

2017/12/05
【年末年始の営業・商品発送についてのお知らせ】詳細はこちら
2017/11/29
日本小児医事出版社のTwitterアカウントができました!
書籍に関する最新情報などお届けしてしていきます。みなさま、是非フォローをお願いいたします。詳細はこちらまで。
2017/10/17
「小児科臨床」投稿規程改訂のお知らせ詳細はこちら
2017/04/11

新刊書籍のお知らせ


人気シリーズ「ビジュアル予防接種マニュアル 改訂第3版」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。


月刊誌「小児科臨床」研究論文募集 月刊誌「小児科臨床」定期購読申込 会員専用ページ

月刊誌「小児科臨床」

JP70-03

第70巻-第3号(2017年3月) 普通号
[主題]  感染症

定価:(本体2,600円+税)

この本を購入する

掲載内容

[画像診断]   
 ■今月の症例 杉山恵一郎 他0297(001)
  
[主 題] 感 染 症 
感染症 
 ■骨膜下膿瘍を伴った細菌性骨髄炎を発症した 
  1型糖尿病の1女児例 杉山弘樹 他0301(005)
 ■頸部リンパ節炎に急性化膿性甲状腺炎を続発した 
  梨状窩瘻の1例 小國裕和 他0309(013)
 ■入院時に白血球増多を認め,その後著明な好中球減少を  
    呈したマイコプラズマ感染関連発作性  
    寒冷へモグロビン尿症の1男児例 天野沙織 他0315(019)
 ■当科で経験した急性リウマチ熱の2症例 阪本夏子 他0321(025)
 ■迅速診断キットで診断した小児肺炎マイコプラズマ 
  感染症の臨床像 秋場伴晴0329(033)
川崎病 
 ■川崎病再発時の初期治療の強化にcyclosporin A併用を 
  行った2歳男児例 益田君教 他0335(039)
 ■当科における川崎病後冠動脈瘤についての検討 橋田祐一郎 他0341(045)
アレルギー 
 ■難治性気管支喘息に対するオマリズマブ投与で  
  難治性米アレルギーが改善した男児例 苛原 誠 他0349(053)
 ■除去食指示書を兼ねた乳幼児食物アレルギー問診票 高橋泰生 他0357(061)
先天異常 
 ■多発奇形,特徴的な画像所見,ミオクロニー発作を呈し 
  PIGA変異を認めた先天性GPIアンカー欠損症の1例 池本 智 他0365(069)
心理 
 ■初回再診時に早くも親が“図星を言う・図星を言ってから 
  叱る”精神療法の効果を語った50例 石川 丹0370(074)
  
[学会報告] 
 ■小児感染症専門医育成フォーラム20160377(081)
 ■WS-1 乳児へのインフルエンザワクチンの  
      是非(Pros) 樋泉道子 他0378(082)
 ■WS-2 乳児へのインフルエンザワクチンの 
      是非(Cons) 竹内典子 他0382(086)
 ■WS-3 RSV:パリビズマブ適用拡大の是非(Pros) 船木孝則 他0388(092)
 ■WS-4 RSV:パリビズマブ適用拡大の是非(Cons) 佐藤友紀 他0394(098)
 ■WS-5 下痢症患児にウイルス抗原検査(ロタウイルス, 
      ノロウイルス,アデノウイルス)を実施すること 
      の是非(Pros) 明貝路子 他0399(103)
 ■WS-6 下痢症患児にウイルス抗原検査(ロタウイルス, 
      ノロウイルス,アデノウイルス)を実施すること 
      の是非(Cons) 阿部 淳 他0402(106)
  
[寄稿]      
 ■腰仙部皮膚異常は警鐘サイン 
  ―脊髄脂肪腫と下肢異常― 坂本敬三0407(111)
  
[Journal Club-抄読会(第64回)] 真部 淳 0423(127)
  
[米国における小児科診療と卒後教育の現状: 
                  未来の日米小児医療の架け橋へ⑩] 
 ■米国に小児血液腫瘍科診療および若手教育の現状 中島美穂 他0431(135)
  
[感染症―今月の話題]      
 ■非結核性抗酸菌症の現状 南宮 湖 他0437(141)
    

日本小児医事出版社:ページの先頭へ戻る