「小児科臨床」論文検索 出版書籍検索 新着情報
2017/06/08NEW



お詫び


平成29年4月発刊いたしました「認定こども園 子育てワークショップシナリオ集(実演DVD付)」誤字がございましたのでお詫びさせて頂きます。

なお、6月3日までにご購入いただきました方には無償で交換させていただきますので、弊社にご返送くださいますようお願い致します。



〒160‐8306

東京都新宿区西新宿5‐25‐11 2階

㈱日本小児医事出版社 

TEL:03‐5388‐5195




2017/04/11

新刊書籍のお知らせ


人気シリーズ「ビジュアル予防接種マニュアル 改訂第3版」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。


2016/09/06

新刊書籍のお知らせ


田中哲郎著「保育士による安全保育」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。


2016/07/09

新刊書籍のお知らせ

米国小児科学会編集で第30版を迎えた「RED  BOOK 2015」の翻訳版「R‐BOOK 2015」が岡部信彦監修のもと発刊いたしました。30版を節目に原書執筆陣が大幅に入れ替わり内容も更新されました。書籍のご案内をご覧ください。



2016/05/20

新刊書籍のお知らせ

遠藤郁夫監修、一般社団法人日本保育保健協議会編集による「保育保健2016」を発刊いたしました。書籍のご案内をご覧ください。



2016/01/21

新刊書籍のお知らせ

東京女子医科大学 大澤眞木子監修、鎌倉女子大学小國美也子 編著による教科書「子どもの保健Ⅰ・Ⅱ」を1月21日発刊いたしました。詳しくは書籍のご案内(教科書関連)をご覧ください。



2012/10/22
購読料改定のお知らせ
小児科臨床 第66巻第1号(平成25年1月号)より定価を改定いたします。 詳細はこちら
2010/12/16
出版のお勧め
お忙しくて原稿を書く時間もない先生方には、ライターによる取材、執筆も承ります。詳細はこちら
2010/12/16
症例募集のお知らせです。 疑問のまま過ぎた症例、迷われた症例、気になっている症例などをお持ちでしたらお聞かせください。 詳細はこちら
2010/12/15
ホームページをリニューアルしました。
月刊誌「小児科臨床」研究論文募集 月刊誌「小児科臨床」定期購読申込 会員専用ページ

月刊誌「小児科臨床」

JP70-6
NEW

第70巻-第6号(2017年6月) 特集号
[特集]  ここがポイント―小児診療ガイドラインの使い方

定価:(本体4,700円+税)

この本を購入する

掲載内容

〔序〕 別所文雄0745(001)
  
〔Ⅰ.循環器疾患〕 
 1.日本小児循環器学会小児心不全薬物治療                                     
   ガイドライン(平成27年改訂版) 
   ―改訂のポイントと改訂後の状況― 村上智明0747(003)
                                                     
〔Ⅱ.神経・精神疾患〕 
 1.重症筋無力症診療ガイドライン2014 石垣景子0755(011)
 2.小児急性脳症診療ガイドライン2016 髙梨潤一0763(019)
 3.熱性けいれん診療ガイドライン2015の活用方法 夏目 淳0773(029)
 4.デュシェンヌ型筋ジストロフィー診療ガイドライン2014 小牧宏文0778(034)
 5.小児起立性調節障害診断・治療ガイドライン 
   改訂2版(2015年) 田中英高0783(039)
  
〔Ⅲ.皮膚・アレルギー疾患〕 
 1.アナフィラキシーガイドライン 伊藤浩明0793(049)
 2.喘息予防・管理ガイドライン2015におけるエッセンス 吉原重美 他0800(056)
 3.色素性乾皮症 錦織千佳子0809(065)
 4.アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版の解説 加藤則人0819(075)
 5.食物アレルギー診療ガイドライン2016 海老澤元宏0825(081)
 6.鼻アレルギー診療ガイドラインー通年性鼻炎と 
   花粉症―2016年度版(改訂8版) 大久保公裕0831(087)
  
〔Ⅳ.泌尿器・腎疾患〕 
 1.夜尿症診療ガイドライン2016 辻 章志0839(095)
 2.エビデンスに基づく多発性嚢胞腎(PKD) 
   診療ガイドライン2014 中西浩一0846(102)
 3.エビデンスに基づくIgA腎症診療ガイドライン2014 近藤秀治 他0851(107)
 4.溶血性尿毒症症候群の診断・治療ガイドライン 伊藤秀一0857(113)
 5.低形成・異形成腎を中心とした先天性腎尿路異常 
   (CAKUT)の腎機能障害進行抑制のための 
      ガイドライン 原田涼子 他0863(119)
  
〔Ⅴ.内分泌・代謝疾患〕 
 1.先天性甲状腺機能低下症マス・スクリーニング 
   ガイドライン(2014年改訂版) 皆川真規0869(125)
 2.21-水素化酵素欠損症の診断・治療のガイドライン 
   (2014年改訂版) 
   ―明確になった事項と,まだわかっていないこと― 安達昌功 他0875(131)
 3.小児・思春期糖尿病コンセンサスガイドライン 浦上達彦0881(137)
 4.「小児期発症バセドウ病診療ガイドライン2016」の 
     概説 南谷幹史0889(145)
 5.先天性高インスリン血症診療ガイドライン 依藤 亨0897(153)
 6.ビタミンD欠乏性くる病・低カルシウム血症の  
   診断の手引き―くる病・骨軟化症の診断マニュアル 大薗恵一0905(161)
  
〔Ⅵ.感染症〕 
 1.小児呼吸器感染症診療ガイドライン2017の使い方 尾内一信0911(167)
 2.小児滲出性中耳炎診療ガイドライン2015年版 小林一女0923(179)
 3.JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015 
   ―尿路感染症・男性性器感染症― 蓮井正史0929(185)
 4.JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015  
   ―腸管感染症― 奥田真珠美 他0935(191)
 5.細菌性髄膜炎診療ガイドライン2014 細矢光亮0943(199)
 6.日本版肺血症診療ガイドライン2016 立石順久 他0950(206)
 7.JAID/JSC感染症治療ガイドライン2016―歯性 
   感染症― 
   ―小児科を受診する歯性感染症はアモキシシリン 
    では改善しないことがある― 金子明寛0959(215)
 8.深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014  
   小児領域追補版 森 雅亮0965(221)
 9.MRSA感染症の治療ガイドライン2017年改訂版 岩田 敏0975(231)
 10.慢性活動性EBウイルス感染症とその類縁疾患の 
      診療ガイドライン 木村 宏0981(237)
 11.小児領域における抗菌薬投与について 
   ―抗菌薬DMガイドライン2016を中心に― 西 圭史0988(244)
 12.小児の臓器移植および免疫不全状態における 
   予防接種ガイドライン2014 宮入 烈0995(251)
  
〔Ⅶ.消化器疾患〕 
 1.Wilson病診療ガイドライン2015 児玉浩子1001(257)
  
〔Ⅷ.血液疾患・白血病〕 
 1.小児白血病・リンパ腫診療ガイドライン2016年版 菊田 敦 他1011(267)
 2.小児がん診療ガイドラインの使い方 檜山英三1017(273)
  
〔Ⅸ.保健〕 
 1.小児肥満症診療ガイドライン2017 原 光彦1021(277)
  
【ベビーケアレポート】 
 ■新生児沐浴イノベーション! 杉山 剛1029(285)
    

日本小児医事出版社:ページの先頭へ戻る